私たち大宮マシナリーの技術
HOME > 私たち大宮マシナリーの技術
様々な要求精度に的確に応える豊富な機械設計データベースと信頼の技術開発設計力

IT技術に代表される新世代技術分野では最終ワークはもちろんのこと、素材レベルでの高精度が要求される様になっています。更に、金属、非鉄金属、新素材と様々な素材と形状のワークをいかに短時間で且つ柔軟に要求を達成させるかは、市場の要請と経営効率の視点からも非常に重要な条件となっています。そうした環境の中でワークの仕上加工工程に位置していた芯なし研削盤は、その機械特性から微細機械部門の研削加工はもちろん、新素材の前加工工程での真円度、円筒度の達成にも使用されるようになってきました。
この素材や形状に捕われない柔軟さと加工精度の実現を支えるのはハードとしての高い基礎能力にあります。豊富な経験と実績に支えられているからこそ、最新の技術分野でのワーク加工にも自信を持って挑戦できると私たちは信じています。

熟練技術者のハンドワークから生まれる確かな品質と未来への継承

大宮マシナリーが生産する芯なし研削盤には熟練技術者のハンドワークが随所に生かされています。様
々な素材と形状の高精度加工を存在の前提条件とする芯なし研削盤は、ハード自体の柔軟性が絶対条件なのですが、その柔軟性を実現する為の最先端の生産技術がハンドメイドなのです。
事実、最先端のコンピュータが目指しているのがそうした人間の柔軟性であることからも私たちはこの生産方法に絶対の自信と誇りを持っています。更にこの熟練技術者が持つ高度な生産技術は確実に21世紀の熟練技術者となる若い世代へと受け継がれています。

一貫した技術哲学から生まれる品質生産管理と加工精度の検査体制

私たちは常にお客様にとってベストの機能を持った芯なし研削盤をお届けする事を理念としています。しかし、その内容は時代や環境によって変化していきますが「導入したお客様が満足できる機械であること」は普遍だと信じています。それは可能な限りの納期短縮、経済性、高精度の実現、容易な保守点検の実現等幅広い範囲に及びます。
生産管理業務も技術設計経験者が行うことで、技術力を背景にした多岐に渡る品質管理を可能にしています。

コンサルタント・セールスが築き上げるお客様との更なる信頼関係

私たちは営業部もお客様と技術設計、生産部門を有機的に連結するシステムを運用するエンジニアでなくてはならないと考えます。芯なし研削盤の導入を検討されるお客様に、経済効率、市場性、生産内容、要求精度等の複合した課題を、私たちの芯なし研削盤がどのように解決可能なのかをあらゆる視点から、ご提案させていただきます。
又、納入後即戦力として稼働可能なように厳重な試験研削後に出荷する体制も全てがCS優先の技術だからです。

株式会社大宮マシナリー|TEL 048-729-1951

Copyright © ohmiya machinery co.,ltd All rights reserved.